カテゴリー
Productivity

日本語版 先延ばし - 良いか悪いか?

エイドリアン

私を含め、誰もが後回しをすることが多いです。正直に言うと、私はそれの専門家のようなものです。何年もの間、私はプレッシャーの中でよりよく働くと言い訳してきました。でも、実際にそうなんです。自分の中の「先延ばし屋」を受け入れれば受け入れるほど、彼女には実際に有益な点がいくつかあることに気づきます。しかし、親や先生から言われてきたように、先延ばしにすることにはマイナス面もあります。 

ネガティブな要素

私たちの心はしばしば私たちを欺くことができ、自分が先延ばしにしていることを全く知らないほどです。先延ばしにすることは、様々な理由や方法で悪い影響を及ぼします。 

仕事が遅れることの最も悪い点の1つは、最終的にネガティブな感情を生み出し、精神的にも肉体的にも健康に悪い影響を与えることです。多くの場合、先延ばしにすることはストレスの原因となり、さらに不安につながります。また、プレッシャーを感じているときには、自分のことを悪く思うようになり、やるべきだったのに逃してしまったことが気になり始めます。確率が高ければ高いほど神経質になり、最悪の場合は他の行動障害が引き起こされることもあります。また、締め切りが近づいてくると、休みなく作業を続けることになります。私の場合、一晩か二晩は必ず寝ていませんし、締め切りが過ぎてしまうと、疲れのせいでスケジュールが狂ってしまい、通常の活動時間に戻るまでに非常に時間がかかります。

私の場合、すべてを最後までやり遂げることは、特に専門外の科目では難しいことです。このような場合、先生や友人、上司の助けを借りることができないので、ミスや不明瞭なトピックを恐れて、逆に仕事を進まなる時があります。 

最後に、先延ばしで悪い結果が発生するのは当然のことです。ベストを尽くすことに集中するのではなく、物事を先延ばしにしてしまうと、悪い結果、悪い成果が得られるのです。それは、先延ばしの最も共鳴的な側面の1つです。 

ポジティブなもの

不安から逃れることはできませんが、適切な意図を持っていれば、非常に役に立つこともあります。悪いことのように聞こえるかもしれませんが、信じてください、良い面もあります。

プレッシャーの中で何かをするときは、自分の仕事に集中しなければならないので、より多くのことを成し遂げることができます。誰もがプレッシャーの中でうまく仕事ができるわけではありませんが、例外もあります。先延ばしよりもギリギリまで仕事をすると、より良い結果が得られる数人の中に入るのであれば、全てが悪いわけではありません。締め切りが迫っていてパニックになり始めると、はるかに効率が良くなり、仕事も早くなりますし、たくさんのことができるようになります。これはまた、次の良い点である「想像力を高める」ことにもつながります。

タイムリミットがあって、仕事を終えられなかったり、従来の選択ができなかったりすると、脳は他の選択肢を考え始めます。選択の重みを感じながら進んでいくと、最も想像力豊かなアイデアが生まれます。私にとっては、私のエッセイの中で、遅れた結果、多くの素晴らしいアイデアが発生しました。これは、全くネガティブなものは、先延ばしにする意味がないことのさらなる証拠です。 

さらに、先延ばしにしていた私にとっては、締め切り直前になってタスクを終わらせるために必要な時間を見積もることができるので、効率的な時間管理にとても役立っています。もちろん、能動的な先延ばしと受動的な先延ばしでは、かなりの違いがあります。前者は良いことだと考えられますが、後者(例えば、何もせずに座っていること)は、間違いなく悪いカテゴリーです。先延ばしにするということは、行動を遅らせるということでもありますが、行動を起こすタイミングを知るためには有効なスキルです。

以上のことから、重要な仕事を先延ばしにしたがる性格を克服することが、解決策の1つではないかと思います。そうすれば、最高の結果を得ることができ、その場で最良の決断を下すことができ、不必要なストレスを避けることができるでしょう。先延ばしにすることについて、あなたはどのようにお考えですか?もしあなたが先延ばしにする人なら、TIUの膨大な仕事量をどうこなしていますか?ぜひ、コメントで教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です