カテゴリー
Self-improvement

人を喜ばせる人向け3つのコツ

オードリーさん作

あなたは、人に嫌われることを恐れている人ですか?もし恐れていても、心配はいりません!あなただけではありません。 

自分のことよりも他人のことを優先する人は、自分の本当の気持ちに気づかずに他人の期待に合わせる傾向があります。人を喜ばせることは、一見、天使のように見えたり、利他的な行動のように見えたりするかもしれませんが、話し手にも聞き手にも傷跡が残ります。 

下記は、人を喜ばせたい病を癒すための3つのコツをご紹介します。

  1. 自分に正直になる。

他人を喜ばせるために自分の欲求を無視すると、自分にも相手にも率直になりません。それは、嘘つきと同じではないでしょうか。あなたの行動や言動は、ほとんどの場合、本物ではありません。相手を傷つけないように、私たちは嘘をつくかもしれません。つまり、「嘘も方便」と言えます。しかし、長い目で見れば、本当の自分を隠していたという罪悪感がつきまとい、恨みを抱く人もいるでしょう。

率直に自分の意見を言うことで、人を喜ばせるというサイクルを止めることができます。相手の欠点ばかりを指摘して大騒ぎすることではなく、建設的な意見やコメントを相手に伝えることから始めましょう。例えば、「あなたはこのグループの中で一番悪いメンバーです」と言う代わりに、「あなたはこのグループワークでもっと努力する必要があると思います」と言うのです。誰かと対決しなければならないと思ったら、対決しましょう。あなたがより正直で、より感情的な面を見せれば、人々は逆にあなたと共感し、より深い関係を築くことができるかもしれません。

2. 謝るのはやめよう。

人生には、自分でコントロールできることがある一方、コントロールできないこともあります。些細なことやコントロールできないことで謝り続けると、自分のために立ち上がるという選択を無効化してしまうかもしれません。謝る前に、自分が本当に間違いを犯したのかを考えましょう。たまに、自分でも気づかないうちに、すぐに謝ってしまったり、自分の感情を重荷に感じてしまったりすることがあります。 

自分の反応を変えてみることができます。「お待たせしました。すみませんでした。」ではなく、「待ってくれて、ありがとうございました。」と言ってみましょう。そうすることで、自分自身を尊重しつつ、相手にも感謝の気持ちを伝えることができます。ただし、自分が悪いことをした場合には謝ってください!

3. 自分自身を検証する。

他人の意見に基づいて自分の価値を定義すると、人を喜ばせる習慣をやめることができません。常に他人からの評価を求めていると、他人を喜ばせるために最善を尽くします。なぜなら、他の人を喜ばせなければ、自分には何の価値もないと考えるからです。しかし、他人の意見と個人としての自分を切り離す必要があります。 

自分自身から検証を引き出しましょう。他人からではなく、自分自身から検証を見つけましょう。私のお気に入りのコツの1つは、積極的な言葉で自分を肯定することです。「私は我慢強い、私は優しい、私は自信がある、私は賢い」と自分に言い聞かせると、少しずつですが確実に、それを信じて行動するようになります。 

本当に、誰にも愛されることはできません。それとも全く問題ありません 。人を喜ばせることをやめる方法は、述べた3つのコツだけではありません。私に効果があったからといって、あなたにも効果があるとは言えるわけではありません。しかし、やってみるまでわからないでしょう?この3つのコツを実践していない人は、ぜひ実践してみてください。もしかしたら、悪い習慣を断ち切って、より健康的なライフスタイルを手に入れられるかもしれません。 

あなたの好きなコツは何ですか?また、人を喜ばせるのに何か役立つ秘訣はありませんか?コメント欄で教えてください。あなたの話を聴くのを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です