カテゴリー
Productivity

フロー状態になる方法 - 5つの効率向上のtips

涼太作

時間が足りないと思っていませんか?効率を高める理由は人それぞれですが、目的は誰にでも共通しています。たくさんの結果を出すためには、集中してフロー状態になる必要があります。今回は、その状態になるために役立つ5つのヒントをご紹介します。

1. 毎朝の優先順位を決める

効率の高い人は、仕事を始める前に最優先事項を決めています。3〜5個の目標を決めて朝を迎えれば、自宅で仕事をしているときのように、邪魔なものに気を取られることが少なくなります。また、仕事に集中し、優先事項を達成できる可能性が高くなります。

2. マルチタスキングを避ける

ほとんどの人は、マルチタスクに向いていません。ハーバード大学の研究者によると、平均的な人であれば、47%の時間は考え事をしていて、マルチタスクをするとそこから抜け出せなくなってしまうそうです。そこで、計画を立てて、やるべきことに集中しましょう。一度にすべてのことをやろうとするのではなく、一つ一つのタスクを確実にこなしていきましょう。

3. ポモドーロ方式

ポモドーロ法とは、25分間の作業の後、5分間の休憩を取るという時間管理の方法論です。このサイクルを4回繰り返し、20分の休憩を取ります。 この方法の最大のメリットは、複雑なタスクに長時間取り組まなければならないという不安感を解消できることです。 単純なことですが、惰性で作業を始めてしまうことを解消してくれます。私もこのテクニックは先延ばしに打ち勝つために有効なものだと感じています。また、短時間の休憩は集中力を高め、何かに取り組む際の効率を高めるのに欠かせません。   

The biggest benefit of this method is that it eliminates the anxious anticipation of having to spend a long time working on a complex task.  It seems simple, but it does help you break inertia and get started working. I’ve personally found this technique to be a useful one for beating procrastination. Also, short breaks increase your concentration, which is crucial for being productive at anything.

4. ポストイット

以前はToーDoアプリを使っていましたが、昨年から物理的なポストイットに切り替えました。ポストイットには何を書いてよくて良くないというルールがないので、この昔ながらの方法は想像以上に効果的でした。文章を書いてもいいし、一言書いてもいいし、大文字で書いてもいいし、絵を描いてもいいし、自分のアイデアを最もよく表現できるものなら何でもいいのです。ツールやフォーマットを問わず、アイデアやToーDoをスムーズに管理することの重要性を実感しています。

5. トグルトラック

このヒントは、効率を次のレベルまで高めたい過激派のためのものです。Toggl Trackは、さまざまなプラットフォームで日々の活動を追跡できるタイムトラッキングアプリで、詳細なインサイトを提供し、改善可能な領域を特定してワークフローを最適化する機会を提供します。 

各タスクに何時間費やしたかを知ることは、効率を高める上で欠かせない方法です。私の場合は、クリエイティブなタスクに多くの時間を費やす傾向があることに気づきました。この知識は、自分の「生産性戦略」を向上させるのに役立っています。

概要

効率の向上は、一朝一夕にできる簡単なことではありません。長い時間をかけて、試行錯誤を繰り返して、ようやく結果が出るものです。時間をかけて、楽しみながら、これらのヒントを試してみてください。 そして、自分の健康にも気を配ることを忘れないでください。

効率向上のための勧告について、他にお勧めの方法やご意見がありましたら、ぜひコメントをお寄せください。