カテゴリー
Self-improvement

ネガティブなセルフトークへの初心者向けガイド

オードリーさん作

「私は決して十分ではない。」 

あなたにとってこれは聞き覚えのある文章ではありませんか。多くの人が単にそのフレーズを思いつきますが、本当に無害なのでしょうか。 

定義

ネガティブなセルフトークとは、自分に対する悲観的な考えを受け取ることです。人は誰でも自分自身と対話するものですが、その対話の中で消極的な内容がどのぐらい含まれているでしょうか。脳内で厳しい批評や最悪のシナリオを思い浮かべるのは、手間のかかることではありません。ネガティブなセルフトークをしていることに気づかない人もいます。常にネガティブなセルフトークがもたらす危険性に気づかず、ついやっているからです。

ネガティブなセルフトークの例 

例えば、プレゼンテーションのために何度も練習したのに、結局すべてを忘れてしまったり、プレゼンテーションでどもってしまったりしました。このような場合、自分を責め、自分が不出来な人間だと思うこともあります。「私は人前で話すのは絶対に成功しない」、「私はこのクラスで一番悪い学生だ」、「もうあきらめればよかった」などと言ってしまうかもしれません。このような考えは無害だと思うかもしれません。 

どの考えがただ意見なのか、どの考えが事実なのかを区別できなくなるまで。 

それを信じ始めるまで。 

自分が嫌いになるまで。

もたらす危険性

ネガティブなセルフトークの終わりのないサイクルを止めなければ、致命的な事態になるかもしれません。自分を信じることができなくなります。自分には人生で大きなことを成し遂げる能力があると信じることができなければ、成功を手に入れることもできません。例えば、試験に合格できると信じていなければ、勉強しようとは思わないでしょう。次第に、どんなことに対しても成し遂げようとする意欲が失われていきます。徐々に、自信を失い、間違ったところで自分を認めてもらおうとするようになるでしょう。ネガティブなセルフトークは、他の深刻で有害な精神的問題を引き起こすかもしれません。しかし、真の原因はネガティブなセルフトークではなく、私たちの対処方法です。

ネガティブなセルフトークに対処するためのヒント

意志があれば、道は開けます。前述のネガティブなセルフトークの影響で、落ち込んだり、ストレスを感じたりするかもしれませんが、心配はいりません。今から、自分を批判しすぎる癖を直すための簡単な方法を紹介します。否定的な考えを中立的な考えに変えましょう。言うは易く行うは難しですよね。しかし、それを分析してみましょう。 

  1. まず、自分自身を意識することから始めましょう。自分の内なる考えに注意を払えば、自分に言い聞かせていることを意識できるようになります。 
  2. 消極的な考えを持っていて、悲観していることに気づき始めたら、深呼吸をしてそれを認めましょう。 
  3. 次に、リストアップしましょう。思考を書き出すことで、より注意深く、徹底的に処理することができます。考えのいくつかは、単なる仮定だとも気づくかもしれません。否定的な考えをリストアップすると、考えに支配されずに、考えに立ち向かえます。 
  4. 自分の問題がイメージできるようになり、解決策が見えてくるかもしれません。 

確かに、「言うは易し、行うは難し」かもしれませんが、時間と練習が必要です。しかし、何事にも近道はありめせん。研究によると、新しい習慣を身につけるには21日間かかるそうです。ですから、「小さな一歩」を実践することで、やがて大きな変化が生じます。ネガティブなセルフトークを止める方法が多数ありますが、その一つはTEDトークを見ることです。多くのTEDトークはとても親しみやすく、まるで親しい友人からアドバイスを受けているような感じがします。インスピレーショントークを聴くことで、考え方が変わり、ネガティブな考えがニュートラルな考えはもとより、ポジティブな考えに変わっていくかもしれません。 

人間がネガティブなセルフトークをするのは当然のことですが、それを習慣化してはいけないことを覚えておいたほうがいいです。悲観的で自分を卑下するような考えに力を与えるべきではありません。嫌なことがあるのは当たり前で、24時間365日ポジティブでいる必要はありません。自分を責めるのはやめて、自分を許すようにしましょう。 

「A Beginner’s Guide to Negative Self-Talk」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です